VEGF阻害薬「ルセンティス」「アイリーア」「ベオビュ」「ラニビズマブBS」「バビースモ」の治療について
当院でもVEGF阻害薬での治療が可能となりました。
 下記の疾患が適応となります。
●加齢黄斑変性症
●網膜静脈閉塞症
●強度近視における新生血管
●糖尿病黄斑浮腫
●新生血管緑内障

加齢黄斑変性症の治療法について
体の中には、脈絡膜新生血管の成長を活性化させるVEGF(血管内皮増殖因子)という物質があります。抗血管新生療法は、このVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射する事により新生血管の増殖や成長を抑制する治療法です。 

  

網膜静脈閉塞症の治療法について
VEGFというのは、静脈内に閉塞が起きたときにつくられ、静脈から網膜へ水分を出そうとする強い働きをもつ物質です。 
VEGF阻害剤による治療は、このVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注入することにより、黄斑浮腫を抑制する治療法です。

 
 

強度近視における新生血管の治療法について
体の中には、脈絡膜新生血管の成長を活性化させるVEGF(血管内皮増殖因子)という物質があります。抗血管新生療法は、このVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射する事により新生血管の増殖や成長を抑制する治療法です。

 
 

糖尿病網膜症(糖尿病黄斑浮腫)の治療法について
網膜内の毛細血管から血液成分が漏れ出すのを促すVEGF(血管内皮増殖因子)という物質によって引き起こされます。抗血管新生療法は、このVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射する事により血液成分の漏れを抑制する治療法です。新生血管の増殖や成長を抑制する治療法です。